So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

facebookつくりました。

9月になって暑さが残る中にも、秋の気配がどんどんやってきています。

またまた安納芋のシーズンがやってきます。

安納芋のfacebookを作ってみました。

今後、レシピなどの更新はfacebookでやっていこうと思っています。

どうぞこちらをごらんくださいませ。

https://www.facebook.com/annouimo.jp/
 

安納芋の芋餅

芋餅
安納芋は蒸し器で柔らかく蒸しておきます
ボウルやすり鉢などで安納芋を潰します
いももち2.jpg
お餅は、耐熱皿に入れ
お餅が浸るくらいに水を入れレンジでチーン。
いももち1.jpg
それらを熱いうちにボールに入れ潰しながらこねます
いももち3.jpg
混ぜたら食べやすい一口大に丸めて
きな粉と少々の砂糖を混ぜたものにまぶして出来上がり。
いももち4.jpg
やわらかいうちに食べてください。
なつかしい味がします。
色もとてもキレイです。

安納芋レシピ 安納芋とじゃがいものサラダ

安納芋を使った簡単レシピをご紹介いたします。 
安納芋とじゃがいものイモイモサラダ
安納芋とじゃがいもは大きめの角切りにして
ヒタヒタの水で柔らかくなるまで茹でる。
サラダ1.jpg
サラダ2.jpg
ざるにあけて荒熱をとる
冷ましてから
塩・粒コショウ少々とマヨネーズで和えて出来上がり。
サラダ3.jpg
色をもう少しつけたければ乾燥パセリを振ってください。
安納芋の甘さがマヨネーズと混ざり、じゃがいもの味を引き立てます。 

豚肉の生姜焼きりんご風味

「万能おかず生姜」という商品があります。

最近よく売れているのですが、宮崎県産の生姜をみじん切りにして、味のついた出汁に漬けてあるものです。

そのまま食べてもそうめんの薬味や焼き魚の付け合わせに、そしてお好み焼きの具やちらし寿司にとたいへん使い勝手が良いんですよ。

私もよく使っているんですが、NHKのきょうの料理を見て、りんご風味の豚肉の生姜焼きを作ってみました。

材料(2~3人前)

豚ロース肉(生姜焼き用でも売っています)・・・300g

下味 ( 酒・・・小さじ2  しょうゆ・・・小さじ1 こしょう・・・適宜 )

りんごジャム・・・大さじ2

万能おかず生姜・・・大さじ2~3

塩、小麦粉、オリーブ油、しょうゆ それぞれ適宜    

作り方

1、ボウルに豚肉と下味の材料を入れて軽くもみあわせて小麦粉大さじ1をからませる。

2.フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、1を入れほぐして広げ焼き色をつけます。(中火~強火)

3、ほぼ火が通ったら「万能おかず生姜」とりんごジャム、しょうゆを加え、照り色がついたらできあがり。 

つけあわせ野菜はお好みで・・・。

生姜焼き①.jpg

りんごジャムを入れる事によって、とてもツヤがでて、しかも甘辛でと~ってもごはんがすすみます。

しかも簡単(*_*)

一度お試しください。

生姜焼き箸つき①.jpg

おかず生姜商品画像.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

またまた・・・種子島行ってきました。

今回で、種子島は3回目です。

今年の安納芋も6月末で苗植えが終わり、すくすくと葉が育っているとのことで

見に行ってきました。

学校も夏休みに入っており、飛行機も鹿児島ー種子島間の高速船(トッピー)もほとんど

満員状態でした。

そうそう、今回初めて神戸空港を利用しました。

早朝便でないと高速船の時間に間にあわないのと、すごく安く買えたんですよ。

飛行機のチケット(^。^)

スカイマーク航空も初めての利用でしたが、確かに窮屈感はないこともないですが、

コストパフォーマンスを考えると全然オッケーで、また使うと思います。

 

さて、約半年ぶりの種子島。島に降りたとたん潮の香りがいっぱいで、

暑い・・ていうより熱い(*_*)って感じでした。

レンタカーを借りて、農家さんのところへ行くのですが、

途中で九州イチ綺麗だと言われている浦田海水浴場に寄り道。

農家さんに「見る価値あり。ぜひ行ってみてください」と薦められたので・・・。

浦田海水浴場.jpg

すごくキレイでしょ?砂浜が白くって、海は青く深いところは碧色なんですね。

日本とは思えない光景でした。

岡の上から覗いて写真撮っただけでしたが、こんなにきれいな海水浴場なのに、

あんまり人がいないでしょう?

種子島は海に囲まれているので、海水浴場でなくても子供たちは家の近くの海で

水遊びできるそうなんですね。なるほどでした。

国道からの海.jpg

その後にお目当ての芋畑に案内してもらいました。

サンサンと降り注ぐ太陽を受けて、芋の葉っぱはもう土が見えないくらいに育っていました。

安納紅、安納蜜まさり、安納紫・・・。種類によって葉の色やカタチが違うんですね。

 畑1.jpg

 畑2.jpg

きっとこの土の下には、あのおいしいさつまいもがすくすく育っているんでしょう。

今年は、早くから気温が高かったので成長も早いかもしれないと仰っていました。

お盆明けくらいから試し掘りをされるそうで、今から楽しみです。

暗くなりはじめてから、農家さんのお庭でバーべキューをご馳走していただきました。

お肉もお魚もおいしくて、おかあさんの握ってくれたおおきなおにぎりもおいしかった~\(◎o◎)/

お酒はもちろん芋焼酎で、地元の高崎酒造さんの「甘露」っていうのが風味よく、たくさんたくさん

いただきました。

農家さんのご家族みんな本当にいい方ばかりで、こんなみなさんとお仕事ができて

ありがたいな~と思っています。

お世話になり、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

いも次郎

すっかり秋も深まり・・・

商店街の行事や、堺まつり出店など本当にバタバタした日々を送っていました。

ちっともブログの更新ができずで・・・((+_+))

それでも、先週の木曜の中百舌鳥駅前のオータムフェスティバルでも、その土日の堺まつりでも

安納芋、1キロ700円で販売したのですが、試食も含めて400キロすべてなくなりました。

むちゃむちゃ声も涸れ、疲れましたが嬉しかったです。

 

昨日は私、久々のお休みでして、前から行きたかった難波の道具屋筋に行ってきました。

池永鉄工さんで作っておられる「いも次郎」という家庭用焼き芋器の代理店である

えびすや金物店にご挨拶とサンプルを買いに行ったんです。

対面販売をしていてお客様に「このお芋どうやって食べるのがおいしいの?」

とすごくよく聞かれ、「焼き芋で・・」と答えても「焼き芋簡単で上手に焼く術がないねん。」

という声をたくさん聞くんです。

で、ネットで探したのがこの「いも次郎」手頃な値段で、簡単に焼き芋が作れて、

しかもIHでも使えるというすぐれものです\(◎o◎)/!

いも次郎箱.jpg

いも次郎本体.jpg

実際我が家もIH電磁調理器なんですが、なかなか適した器械がなく、いつもオーブンレンジで

焼いてました。

買って帰り、さっそく試し焼き。

いも次郎芋入り.jpg

ウチには今大きな芋しかなかったので、少々時間はかかりました(50分くらい)

小ぶりなものなら30分弱でやけるそうです。

できあがりはキレイな焼き芋でした。しかも何回も蓋をあけて焼け具合を確かめられるところが

とてもいいですね。

熱源はガスはもちろん、IH,ラジエントヒーター、エンクロヒーター、シーズヒーター、

ハロゲンヒーターもオッケーです。

これをなんとかがんばって3360円で販売します。(定価は4200円です)

焼き芋だけでなく、ジャガイモ、焼き栗、焼きとうもろこしもできるそうです。

安納芋と一緒に是非どうぞ。

gourmnad.JPG

 

 


安納芋を使っておやつ作ってみました。

ゆうべのことです。

仕事から帰り、昨日は日曜日で私だけが仕事だったので、すぐ食べれる夕食ということで

水炊きにしたんですよ。もちろん博多華味鶏の水炊きスープと博多ぽん酢を使って(^。^)

で、ごはんの後に「なんか食べたい。なんか~!」と娘が叫んでまして、安納芋でなんか作ることに

しました。時間かからない簡単なおやつ。

芋をよく洗い、5ミリ程度の輪切りにしてしばらく水にさらします。

フライパンにバターを溶かし水をきった芋の輪切りを載せます。

フライパン芋.jpg

火加減に注意しながらこげないように焼きます。

なかまで火が通ったら、お皿に載せて軽く塩をふります。

10分もかからずできました。

芋バター焼き.jpg

安納芋の甘さと、バターの風味と、塩加減がちょうどマッチして、おいしいおやつになりました。

お手軽にできますよ。

 

それ食べてますます食べる気満々になった娘。「私もなんか作る~」と言いだしまして、

前に安納芋の焼き芋を冷凍していたものをチンして解凍し、中身をだして潰しました。

つぶす焼き芋.jpg

市販の冷凍パイシート(ピザとかの台に使ってもおいしいので家では冷凍食品半額の時に買いだめ

してるんです。)を軽く解凍し、まん中に潰した焼き芋をのせて成型し、フォークで端に穴をあけ

とき卵を塗り・・・

ポテトパイ1.jpg

確かオーブンをを210度に予熱して、7分。そのあと190度で6分焼いていたと思います。

良い匂いがしてきた~と思ったら、できあがりました。

2ポテトパイ.jpg

調味料、なんにもいれずに簡単にポテトパイができてましたよ。

とてもおいしゅうございました(*^_^*)。

 

安納芋の予約販売、まだ受け付けていますよ~。

gourmnad.JPG

Gourmand通販にはこちらをクリックしてください。


赤マルソウ 油みそ

空が高くなってきました。

空模様もなんか不安定で、ゆうべも宵の口にすごーい雨が降ってましたね。

気がつけば何事もなかったようにあがってましたけど・・・。

雨上がりの夜気は秋の匂いがしてました。

 

食欲の秋のせいか(^。^)ごはんがおいしいです。

最近「油みそ」にはまってまして、ごはんにのっけて食べたりしてます。

油みそ.jpg

「油みそ」は沖縄の赤マルソウというところが作ってまして、甘辛い味付け味噌です。

小さな豚肉の粒が入ってたりします。この食感も良い感じ。

娘が焼きおにぎりが好きで、よく作るんですが、これにのっけてみました。

うちの焼きおにぎりは、塩で味付けしたおにぎりをゴマ油で焼くんです。

フライパンで、まわり全体にきれいな焼き色がつくまでゆっくりゆっくり焼きます。

これが香ばしいくておいしいんですよ。

焼きあがったおにぎりに「油みそ」をのっけてオーブントースターで5分温めました。

油みそおにぎり 小.jpg

娘も私も大満足。美味しかったです。

 

 

 


安納芋の焼き芋

月見祭も終わってしまって、店舗前にずーっと並んでいた祭提灯も今朝は端から外しに

来てはりました。

外はどんよりと曇り空で・・・。なんかさみしい感じ(-_-;)

「よし、元気をだそう」と焼き芋を作ってみました。

店舗用に買った電子レンジ、オーブン機能ついてるのにしといて良かった。

 

先週、種子島に行った時に掘りたてをいただいた安納芋、まだ熟成が終わっておらず、

甘味はかなり少ないかも・・・と思いながら、S,Mくらいのんを4本選びました。

生芋.jpg

①水でよく洗って土をおとします。

②生芋のところどころにフォークを刺して穴をあけます。

③アルミホイルで包みます。

レンジのCOOK BOOKには焼き芋はオーブン予熱ありで200℃50分と書いてありましたが、

少しでも甘味をたくさん出すために、ちょっと低めの温度で時間をかけて焼いてみようと思い

オーブンを170度に予熱。焼き時間を90分にセットしてあとは待つだけです。

レンジ.jpg

 

30分を過ぎたくらいで甘~いくなんともいえない良い匂いがしてきます。

90分経過して、ピーッピーッピーッと鳴っても、蒸らしであと5分ほど我慢。

割ってみると、もうかなりオレンジ色に近い色になってました。

まだ安納芋特有のネットリべちょっと感はすくなく、ホクホク感の方が強い感じです。

湯気をフーフー吹いて、口にしてみるともう甘味はかなり出てきています。

焼き安納.jpg

でも、今年の2月くらいに食べたネットリべっちょりのものよりは、ちょっと糖度が落ちるような・・・。

この時期でこの甘さなら、11月になったらどうなるんやろ(*^_^*)と期待してしまいます。

 

おかげさまで予約販売、毎日のようにネット注文が入ってきています。

やはり5キロ送料無料の予約特別価格¥3500が人気です。

「おともだちの家でネット見たんですけど、電話で注文ムリですか?」というお電話注文も

何件かあります。送料無料の代引きでお伺いしています。

Gourmand通販は今朝の段階で、ヤフーショッピングさつまいも部門第8位にランキング

されてまして\(◎o◎)/!競合店が多い中で今年参入したわが店舗を信用してくださって

注文くださった皆様に感謝しています。

まだまだ、予約注文を受け付けてますよ~。

gourmnad.JPG

通販ショップにはこちらをクリックしてください。

 

 


百舌鳥八幡宮月見祭

Gourmand店舗のある堺市に「百舌鳥八幡宮」という八幡さんがあるんですが、

毎年この時期に月見祭がおこなわれます。

今年は9月25日と26日です。

だいたい中秋の名月の週の土日なんですが、なんでも昔は十五夜にぴったり合わせて

平日でもやってたそうです。

堺の百舌鳥地区のそれぞれの地域の「布団太鼓」というお神輿を八幡宮に奉納するお祭り

なんですが、二日間かけて行われます。

一日目に布団太鼓を八幡宮に担いで行って奉納し、次の日に各地区に担いで帰るんです。

 

昨日はわがGourmandのある中百舌鳥地区の太鼓が、朝から店舗前とかを練り歩いてまして、

太鼓の音や歓声でとても賑やかでした。

太鼓、店舗前.jpg

中百舌鳥の太鼓が八幡宮に入る時間に合わせて、八幡さんに行きました。

毎年それはそれはすごくたくさんの露店で、見物のお客さんもすごい数です。

今年は八幡さんにうちの会社からお酒もお供えさせていただいて、初めて境内の中から

太鼓が境内を動く様子を見る事ができました。とっても貴重な経験です。

 お供え.jpg

 

各地区ごとにさまざまなパフォーマンスで、紙吹雪が舞ったり、煙をだしたり・・・

汗だくて太鼓を担いでる青年団の人たちの熱気が本当にすごいんです。

太鼓2.jpg

太鼓1.jpg

太鼓 追加.jpg

太鼓3.jpg 

今年境内の中で見てて初めてわかったんですが、太鼓を境内前まで担いできたら、

太鼓と担いできた人たちが、宮司さんにお祓いをしてもらってはるんですね。

その様子はすごく厳粛で、まさに「祭礼」って感じでした。

お祓い.jpg 

 

こちらの祭には何回も来ましたが、去年まではただ布団太鼓のパフォーマンスを見て、

露店を見て廻り、屋台で呑んだり食べたりして楽しむことしかしていませんでした。

今年はなんだかすごく厳かな気分になりました。

八幡さんに、この地区とGourmandの発展をお願いしてきました。

 

こんなんもありました(^。^)

「お笑いお化け屋敷」って・・・(*_*)

お化け屋敷.jpg

 


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。