So-net無料ブログ作成
検索選択

いも次郎

すっかり秋も深まり・・・

商店街の行事や、堺まつり出店など本当にバタバタした日々を送っていました。

ちっともブログの更新ができずで・・・((+_+))

それでも、先週の木曜の中百舌鳥駅前のオータムフェスティバルでも、その土日の堺まつりでも

安納芋、1キロ700円で販売したのですが、試食も含めて400キロすべてなくなりました。

むちゃむちゃ声も涸れ、疲れましたが嬉しかったです。

 

昨日は私、久々のお休みでして、前から行きたかった難波の道具屋筋に行ってきました。

池永鉄工さんで作っておられる「いも次郎」という家庭用焼き芋器の代理店である

えびすや金物店にご挨拶とサンプルを買いに行ったんです。

対面販売をしていてお客様に「このお芋どうやって食べるのがおいしいの?」

とすごくよく聞かれ、「焼き芋で・・」と答えても「焼き芋簡単で上手に焼く術がないねん。」

という声をたくさん聞くんです。

で、ネットで探したのがこの「いも次郎」手頃な値段で、簡単に焼き芋が作れて、

しかもIHでも使えるというすぐれものです\(◎o◎)/!

いも次郎箱.jpg

いも次郎本体.jpg

実際我が家もIH電磁調理器なんですが、なかなか適した器械がなく、いつもオーブンレンジで

焼いてました。

買って帰り、さっそく試し焼き。

いも次郎芋入り.jpg

ウチには今大きな芋しかなかったので、少々時間はかかりました(50分くらい)

小ぶりなものなら30分弱でやけるそうです。

できあがりはキレイな焼き芋でした。しかも何回も蓋をあけて焼け具合を確かめられるところが

とてもいいですね。

熱源はガスはもちろん、IH,ラジエントヒーター、エンクロヒーター、シーズヒーター、

ハロゲンヒーターもオッケーです。

これをなんとかがんばって3360円で販売します。(定価は4200円です)

焼き芋だけでなく、ジャガイモ、焼き栗、焼きとうもろこしもできるそうです。

安納芋と一緒に是非どうぞ。

gourmnad.JPG

 

 


安納芋を使っておやつ作ってみました。

ゆうべのことです。

仕事から帰り、昨日は日曜日で私だけが仕事だったので、すぐ食べれる夕食ということで

水炊きにしたんですよ。もちろん博多華味鶏の水炊きスープと博多ぽん酢を使って(^。^)

で、ごはんの後に「なんか食べたい。なんか~!」と娘が叫んでまして、安納芋でなんか作ることに

しました。時間かからない簡単なおやつ。

芋をよく洗い、5ミリ程度の輪切りにしてしばらく水にさらします。

フライパンにバターを溶かし水をきった芋の輪切りを載せます。

フライパン芋.jpg

火加減に注意しながらこげないように焼きます。

なかまで火が通ったら、お皿に載せて軽く塩をふります。

10分もかからずできました。

芋バター焼き.jpg

安納芋の甘さと、バターの風味と、塩加減がちょうどマッチして、おいしいおやつになりました。

お手軽にできますよ。

 

それ食べてますます食べる気満々になった娘。「私もなんか作る~」と言いだしまして、

前に安納芋の焼き芋を冷凍していたものをチンして解凍し、中身をだして潰しました。

つぶす焼き芋.jpg

市販の冷凍パイシート(ピザとかの台に使ってもおいしいので家では冷凍食品半額の時に買いだめ

してるんです。)を軽く解凍し、まん中に潰した焼き芋をのせて成型し、フォークで端に穴をあけ

とき卵を塗り・・・

ポテトパイ1.jpg

確かオーブンをを210度に予熱して、7分。そのあと190度で6分焼いていたと思います。

良い匂いがしてきた~と思ったら、できあがりました。

2ポテトパイ.jpg

調味料、なんにもいれずに簡単にポテトパイができてましたよ。

とてもおいしゅうございました(*^_^*)。

 

安納芋の予約販売、まだ受け付けていますよ~。

gourmnad.JPG

Gourmand通販にはこちらをクリックしてください。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。