So-net無料ブログ作成
検索選択

赤マルソウ 油みそ

空が高くなってきました。

空模様もなんか不安定で、ゆうべも宵の口にすごーい雨が降ってましたね。

気がつけば何事もなかったようにあがってましたけど・・・。

雨上がりの夜気は秋の匂いがしてました。

 

食欲の秋のせいか(^。^)ごはんがおいしいです。

最近「油みそ」にはまってまして、ごはんにのっけて食べたりしてます。

油みそ.jpg

「油みそ」は沖縄の赤マルソウというところが作ってまして、甘辛い味付け味噌です。

小さな豚肉の粒が入ってたりします。この食感も良い感じ。

娘が焼きおにぎりが好きで、よく作るんですが、これにのっけてみました。

うちの焼きおにぎりは、塩で味付けしたおにぎりをゴマ油で焼くんです。

フライパンで、まわり全体にきれいな焼き色がつくまでゆっくりゆっくり焼きます。

これが香ばしいくておいしいんですよ。

焼きあがったおにぎりに「油みそ」をのっけてオーブントースターで5分温めました。

油みそおにぎり 小.jpg

娘も私も大満足。美味しかったです。

 

 

 


安納芋の焼き芋

月見祭も終わってしまって、店舗前にずーっと並んでいた祭提灯も今朝は端から外しに

来てはりました。

外はどんよりと曇り空で・・・。なんかさみしい感じ(-_-;)

「よし、元気をだそう」と焼き芋を作ってみました。

店舗用に買った電子レンジ、オーブン機能ついてるのにしといて良かった。

 

先週、種子島に行った時に掘りたてをいただいた安納芋、まだ熟成が終わっておらず、

甘味はかなり少ないかも・・・と思いながら、S,Mくらいのんを4本選びました。

生芋.jpg

①水でよく洗って土をおとします。

②生芋のところどころにフォークを刺して穴をあけます。

③アルミホイルで包みます。

レンジのCOOK BOOKには焼き芋はオーブン予熱ありで200℃50分と書いてありましたが、

少しでも甘味をたくさん出すために、ちょっと低めの温度で時間をかけて焼いてみようと思い

オーブンを170度に予熱。焼き時間を90分にセットしてあとは待つだけです。

レンジ.jpg

 

30分を過ぎたくらいで甘~いくなんともいえない良い匂いがしてきます。

90分経過して、ピーッピーッピーッと鳴っても、蒸らしであと5分ほど我慢。

割ってみると、もうかなりオレンジ色に近い色になってました。

まだ安納芋特有のネットリべちょっと感はすくなく、ホクホク感の方が強い感じです。

湯気をフーフー吹いて、口にしてみるともう甘味はかなり出てきています。

焼き安納.jpg

でも、今年の2月くらいに食べたネットリべっちょりのものよりは、ちょっと糖度が落ちるような・・・。

この時期でこの甘さなら、11月になったらどうなるんやろ(*^_^*)と期待してしまいます。

 

おかげさまで予約販売、毎日のようにネット注文が入ってきています。

やはり5キロ送料無料の予約特別価格¥3500が人気です。

「おともだちの家でネット見たんですけど、電話で注文ムリですか?」というお電話注文も

何件かあります。送料無料の代引きでお伺いしています。

Gourmand通販は今朝の段階で、ヤフーショッピングさつまいも部門第8位にランキング

されてまして\(◎o◎)/!競合店が多い中で今年参入したわが店舗を信用してくださって

注文くださった皆様に感謝しています。

まだまだ、予約注文を受け付けてますよ~。

gourmnad.JPG

通販ショップにはこちらをクリックしてください。

 

 


百舌鳥八幡宮月見祭

Gourmand店舗のある堺市に「百舌鳥八幡宮」という八幡さんがあるんですが、

毎年この時期に月見祭がおこなわれます。

今年は9月25日と26日です。

だいたい中秋の名月の週の土日なんですが、なんでも昔は十五夜にぴったり合わせて

平日でもやってたそうです。

堺の百舌鳥地区のそれぞれの地域の「布団太鼓」というお神輿を八幡宮に奉納するお祭り

なんですが、二日間かけて行われます。

一日目に布団太鼓を八幡宮に担いで行って奉納し、次の日に各地区に担いで帰るんです。

 

昨日はわがGourmandのある中百舌鳥地区の太鼓が、朝から店舗前とかを練り歩いてまして、

太鼓の音や歓声でとても賑やかでした。

太鼓、店舗前.jpg

中百舌鳥の太鼓が八幡宮に入る時間に合わせて、八幡さんに行きました。

毎年それはそれはすごくたくさんの露店で、見物のお客さんもすごい数です。

今年は八幡さんにうちの会社からお酒もお供えさせていただいて、初めて境内の中から

太鼓が境内を動く様子を見る事ができました。とっても貴重な経験です。

 お供え.jpg

 

各地区ごとにさまざまなパフォーマンスで、紙吹雪が舞ったり、煙をだしたり・・・

汗だくて太鼓を担いでる青年団の人たちの熱気が本当にすごいんです。

太鼓2.jpg

太鼓1.jpg

太鼓 追加.jpg

太鼓3.jpg 

今年境内の中で見てて初めてわかったんですが、太鼓を境内前まで担いできたら、

太鼓と担いできた人たちが、宮司さんにお祓いをしてもらってはるんですね。

その様子はすごく厳粛で、まさに「祭礼」って感じでした。

お祓い.jpg 

 

こちらの祭には何回も来ましたが、去年まではただ布団太鼓のパフォーマンスを見て、

露店を見て廻り、屋台で呑んだり食べたりして楽しむことしかしていませんでした。

今年はなんだかすごく厳かな気分になりました。

八幡さんに、この地区とGourmandの発展をお願いしてきました。

 

こんなんもありました(^。^)

「お笑いお化け屋敷」って・・・(*_*)

お化け屋敷.jpg

 


種子島に行ってきました。

今日は敬老の日ですね。

このところ日の暮れるのがめっきり早くなり、店を閉めての帰りは車のライトを点けるようになりま

した。こないだまでまだギラギラだったのに・・・。

3連休の初日、種子島のさつまいも農家さんのところに、安納芋の契約と打ち合わせ、挨拶を兼ねて

行ってきました。

種子島は鹿児島市内から高速船で1時間半ほどかかるので、大阪から日帰りはできません。

前日の夜に飛行機で鹿児島入りしました。

来年の春には九州新幹線が開通するらしいですね。

大阪ー鹿児島で4時間きるらしいので、新幹線の旅も楽しいような気がします。

 

さて、当日朝の7:30発のトッピー(高速船)に乗りました。3連休の初日ということで、非常に混んで

て満席状態でした。予約入れといて良かった。

トッピー.jpg

初めての種子島です。お天気も良く暑いけどカラッとしてます。

西之表港には農園の沖田さんという方が迎えに来ていただいてまして、そのまままずは、

農家さんのお宅へ伺いました。

今回契約をお願いしたのは中園ファームという農家さんで、安納地区さつまいも生産クループ

(16軒くらいで作っておられるグループみたいです。)のリーダーもされている、

中園正男さんの農園です。沖田さんは中園さんの娘婿さんで、家の前では猫4匹と犬2匹も

出迎えてくれました。

契約といろいろ細かな打ち合わせの間に、奥様が摂れたて安納芋の焼き芋をだしてくださって、

今年初の安納芋です。ネチャっと感よりもまだほくほく感が強い感じでしたが、甘さは安納芋でした。

食べさせていただいたのは鶏卵くらいの大きさの小芋ですが、焼き芋にするとこんな大きさの方

が食べ易いのかも・・とか思ったりしました。

箱つめする時にいろんな大きさのものを混合で入れた方が、いろんな料理を楽しめるかもしれませ

んね。

安納芋のおいしいレシピも奥様に教えてもらいましたよ。またご紹介します。

 

初めて、芋畑も見ました。見渡す限り芋畑で、遠くの方に海が見えます。時間を忘れちゃう感じ。

もう収穫は始まってるらしく、収穫ピーク時は農家さんの家族、親戚、ご近所総出で休みなく仕事され

るそうです。

芋畑.jpg

埋まっている芋を掘り起こすところも見せていただき、掘りたての芋もおみやげにいただきました。

芋土付き.jpg

そのあと、大きさを選別する工場(すべて手作業です。)選別した芋を寝かせておく保管庫も見せてい

ただきました。

安納芋は掘りだしてからひと月くらい寝かせておくことで甘味が多くなるそうで、出荷まえの倉庫は

厳重な温度、湿度管理がされています。この時期は冷房、冬は暖房でおよそ17度を保っておくらし

いです。この環境が生のままでも糖度16度というマンゴー並みの甘さを引き出すんですね。

保存庫.jpg

どこでもみなさん一生懸命作業をされてて、私がお邪魔したことで、案内してくださってるおふたりの

仕事を止めてしまっているのだなと、ちょっと申し訳ない思いになりました。

 

今回はいろいろ、芋のことを知りまして、良い勉強になりました。皆さんのお仕事、

農作物への思いがものすごく伝わりました。

中園ファームの人達はみんな本当に良い方ばかりで、仕事を通じて知り合えて良かったな。

ああ、がんばっていろんな人に買ってもらい、味わってもらって、作っておられる方々の

思いを伝えないといけないなと改めて思いました。

ちょっと支離滅裂な文章になってしまいましたが、今回種子島に行って胸が熱くなったんですよ。

なかなか伝わらないかもしれませんが、どうぞ安納芋食べてみてください。

 

今、予約を受け付けています。出荷は11月からになりますが、中園ファームから送っていただいた

ものを私たちが店でひとつひとつチェックしながら仕分けて、梱包して送ります。

5キロ¥3500で送料無料です。2キロ¥1500ですが、他のGourmandの商品と同梱もできて

8000円以上になると送料無料です。

大地の恵みを口にしてみてください。かんたんレシピや保存法もつけますので・・・。

gourmnad.JPG

Gourmandヤフーショップにはこちらをクリックしてください。

 


大笑いしました(^◇^)

今日は商品の紹介ではなく、最近仕事しながら大笑いしたことを書きます。

Gourmandでは毎月チラシ広告を作って店舗周辺の地域にポスティングしています。

だいたい毎月3000部くらいかな。

今月は「美味しくてスタミナばっちり!」という企画で、大黒ラーメンとスタミナエッグのセット

「残暑を乗り切る鍋!」で華味鶏鍋スープを紹介しているのですが、その印刷したチラシに

ヤフーショッピングのHPアドレスを入れようという事になり、平べったい木製のスタンプ注文

したんですよ。で、こないだの日曜日にバイトのユキエちゃんがスタンプ押してくれてたんです。

もくもくと作業してくれてたんですが、突然ユキエちゃんが

「なんかすごいことになりました~\(◎o◎)/!」と叫び、慌てて見てみたら・・・・・・

なんとHPアドレスがアラビア語に変わっていたのです。(@_@;)

アラビア語.jpg

ね、アラビア語みたく見えるでしょう?

なんか手元が狂ってすべってしまいこんなことになったそうです。

見れば見るほどそう見えて仕方なくなり、大笑いしてしまいました。

ちょうどその日は百舌鳥八幡月見祭に向けて、こちらの地区(中百舌鳥)の布団太鼓の

試験挽きをやっていて、店の前が本当に賑やかで楽しく、テンション高かったからかも・・・です。

偶然に完成したアラビア語のスタンプの押されたチラシは、「なんとか珍百景」に応募しよかな

とユキエちゃんが持って帰りました。

 

百舌鳥八幡さんの月見祭は今月の25,26日です。びっくりするくらい露店が出て、

布団太鼓が街中や八幡さんを行ったり来たりする模様は見ものです。

ぜひ遊びに来てくださいね。

Gourmand(携帯).JPG

 

 


博多水炊き料亭華味鶏の水炊きスープ

9月になりました。

心なしか、空が高~くなったような気がします。

 

先月のお盆前に仕入れの打ち合わせで宮崎県に行ってまして、家族皆が夏休みだったので、

皆で(といっても3人ですが・・・)車で大阪-宮崎間を走ろうということになりました。

で、私の仕事に付き合ってもらったわけです。

高速のSAって、ご当地食材どっざりどこでもあるので、それも楽しみでの車での移動なんです。

福岡に古賀というおおきなSAがありまして、そこの品ぞろえは充実してるんです。

いろいろ買いましたが、今回ヒットしたのは博多水炊き料亭華味鶏の商材でした。

hanamidori.jpg

帰って早速試したのですが、どれもこだわりをもって美味しく作られていました。

トリゼンフーズ株式会社というところで販売してるんですが、コンタクトをとってみて、

取引オッケーというお返事をいただき今月から4種類販売をしています。

一番のお薦めは水炊きスープと博多ぽん酢です。

スープはほんのり白濁してて、鶏の旨味でいっぱいです。こだわりの味と謳っておられる

だけのことはあると思います。そのままでもいいのですが、ぽん酢で食べると鶏や野菜の味が

引き立つんです。こちらのぽん酢はやさしい味にだいだいの香りが効いてて、吸ってもセキが

でないんです。って意味わかっていただけるでしょうか?まあ濃くてすっぱいぽん酢が苦手な方

にも楽しんでもらえると思います。

水炊き.jpg

これさえあれば、自宅で料亭の味。鶏はできればぶつ切りともも肉とどちらも入るのがお薦めです。

締めは雑炊。これは出汁が効いてて絶品です。

試してみてください。

gourmnad.JPG

Gourmandショップへはこちら。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。