So-net無料ブログ作成
検索選択

工房「阿蘇ものがたり」の商品

前回の記事で「吉田米」について書いたのですが、今回は吉田米の吉田さんが代表をされている

工房「阿蘇ものがたり」の商品を紹介します。

工房は阿蘇の一の宮というところにありまして、そちらの工房(工場ではありません)で、

こちらも吉田米同様に無農薬、低農薬、無添加にこだわって瓶もののドレッシングやソース、

ジャム、ジュースが作られています。

工房をガラス越しに見学させてもらったのですが、女性の方ばかりで作っておられます。製造から

瓶詰め、消毒まで本当に手作業でされていました。

驚くことに、吉田さんが平成3年に工房を立ち上げたときは作業される方々はボランティアで作業

に参加されていたそうです。

原材料のすべて阿蘇産にこだわっておられ、トマトケチャップをはじめトマトジュースや

ウスターソース、ジャムなど現在では28種類の瓶ものが作られています。

「阿蘇ものがたり」が全国に知られるようになったのは、あの「どっちの料理ショー」で究極の

トマトケチャップとして紹介されたかららしく、このケチャップは平成7年度の熊本県食品コンクール

にて金賞も受賞されたそうです。

 ケチャップ.jpg

 

Gourmandでも10種類ほど仕入れさせてもらって店頭に置いています。

ソース類は「トマトケチャップ」「ウスターソース」「焼き肉のたれにんにく風味」

「ご飯のおかず高菜」「しょうゆの実」(もろみのことです)にダイエットで今評判の「手作り酢大豆」

麦みそがそのまま入ってさっぱり味でもコクのある「梅ドレッシング」

あとはご飯に混ぜて炒めたりハンバーグやパスタのソースにも良い「ベジタブルソース」に

「カレーディトマドーレ」 そしてジャムは珍しい「トマトジャム」

どれも一味もふた味もちがうものばかりですよ。

実は私も3種類ほどはまだ試食できてないんです。

今夜はハンバーグを焼いてカレーディトマドーレをかけて食べてみようかなと思っています。

カレー粉、トマト、ニンニクにジャガイモなど煮込んだソースらしいのですが、味の想像がしにくい

ですね。

試してみます。

阿蘇ものがたり.jpg

Gourmand(携帯).JPG

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。